信頼性の基準

「有名なメーカーに比べて、安価な製品を扱うリサイクル業者は信頼性が低い」というイメージを持っている方もいらっしゃるのではないかと思います。リサイクルトナー業者の信頼性は、どのような基準で評価すれば良いのでしょうか。

リサイクルトナー信頼性を量る基準の一つに保証制度があります。保証の内容は業者によって異なり、例えば保証の範囲については、トナーの品質に限定している業者もあれば、トナーが原因でプリンターに発生した不具合まで保証してくれる業者もあります。また、保証期間も業者によって違いがあり、納品日から1年間~10年間と、大きな幅があります。保証期間が長いと言うことは、品質に自信があるということにもつながるので、良い業者を見分けるポイントになります。

また、厳しい品質基準をクリアした製品を扱っているかどうかもポイントです。世界で唯一リサイクルトナーカートリッジに特化した国際品質基準である「STMC」は、製品の細かい部分まで品質の基準やテスト方法を定めており、全てのテストに合格した工場だけが認定を受けることができます。このSTMC認定マークがパッケージに張り付けられた製品を扱っているかどうかも、業者の品質に関する信頼性を判断する基準になると思います。

価格と保証内容のバランスが良く、品質面でも安全な基準を満たしていることが、信頼できる業者の条件ではないでしょうか。ここに挙げた基準が皆様の参考になれば幸いです。