信頼性の基準

「有名なメーカーに比べて、安価な製品を扱うリサイクル業者は信頼性が低い」というイメージを持っている方もいらっしゃるのではないかと思います。リサイクルトナー業者の信頼性は、どのような基準で評価すれば良いのでしょうか。

リサイクルトナー信頼性を量る基準の一つに保証制度があります。保証の内容は業者によって異なり、例えば保証の範囲については、トナーの品質に限定している業者もあれば、トナーが原因でプリンターに発生した不具合まで保証してくれる業者もあります。また、保証期間も業者によって違いがあり、納品日から1年間~10年間と、大きな幅があります。保証期間が長いと言うことは、品質に自信があるということにもつながるので、良い業者を見分けるポイントになります。

また、厳しい品質基準をクリアした製品を扱っているかどうかもポイントです。世界で唯一リサイクルトナーカートリッジに特化した国際品質基準である「STMC」は、製品の細かい部分まで品質の基準やテスト方法を定めており、全てのテストに合格した工場だけが認定を受けることができます。このSTMC認定マークがパッケージに張り付けられた製品を扱っているかどうかも、業者の品質に関する信頼性を判断する基準になると思います。

価格と保証内容のバランスが良く、品質面でも安全な基準を満たしていることが、信頼できる業者の条件ではないでしょうか。ここに挙げた基準が皆様の参考になれば幸いです。

注目は販売実績

リサイクルトナーを導入するにあたって、一番心配なのは品質の面ではないでしょうか。また、不具合があった場合に迅速で丁寧な対応をしてくれる業者を選びたいものです。そのような業者を選ぶためには、どのような部分で判断すれば良いのでしょうか。

販売実績優良なリサイクル業者を見分けるわかりやすい目安になるのは、販売実績です。顧客数の多さも一つの判断基準ですが、大切なのはリピート率が高いかどうかであり、顧客数のデータだけでは量れない部分でもあります。そこで着目したいのが、どのような企業に納入しているかということです。

例えば有名企業の情報システム部門などに納入の実績がある業者は、優良業者である可能性が高いと言えます。情報システム部門とは、社内の全プリンターを管理している部署であり、そこで利用されているということは、良質なトナーを提供している業者であることが期待できます。リサイクルトナーは再利用商品のため、不具合が出ることも想定しておくべきですが、良い業者は保証がしっかりしていて、交換などの対応がスムーズです。有名企業に選ばれているということは、そういった面での信頼性も高い業者であることが推し量れるので、業者選びの良い判断材料となります。

リサイクルトナーを導入することは大きなコスト削減につながり、企業にとっては多くのメリットがあります。信頼できる業者を選んで、さらなる業績の飛躍につなげましょう。

参照リンク『リサイクルトナー

リサイクルトナー業者

リサイクルトナーは正規品に比べて価格が安く、品質の良いものが増えているため、導入を検討されている企業の方も多いのではないかと思います。しかし、業者によって品質に差があるとも言われ、業者選びには頭を悩ませがちです。そのような悩みをお持ちの方のために、当サイトでは優良なリサイクルトナー業者を見分けるポイントについて解説いたします。

業者リサイクルトナー業者を選ぶ際に大切な点は、まず「トナーの品質が良く安定しているか」ということと、「不具合があった際の対応が良いか」ということです。このような業者を見分けるために、販売実績の分析が有効であることについて、別のページで解説いたします。

また、リサイクルトナーの品質基準や、業者による保証サービスの違いに触れながら、信頼性の高い業者を選ぶポイントについてもご説明します。

業者によって、注文方法にも違いがあることを知っておきましょう。注文の際、空になったトナーを業者に預けて、再充填して1~2週間後に返却してもらうリターン方式と、あらかじめ業者がトナーの在庫を持っていて、発注に合わせて随時発送してくれるプール方式があります。どちらもカートリッジを再利用するという点では同じですが、納品までにかかる時間に差があるので、発注の前に確認しましょう。商品によって注文方式が違う場合もあるので、注意が必要です。

業者選びにはつい価格の安さにばかり目が行きがちですが、このサイトを通じて、リサイクル品ならではの品質管理保証サービスの重要性を知り、後悔のない選択を行っていただければ幸いです。